MENU

自衛隊看護師は中途採用でも働けるのか?

・自衛隊看護師として採用後の教育

 

有資格者の方が採用された後はすぐに看護師として働く訳ではなく、あらかじめ規定された教育や研修を受ける事になります。
陸上自衛隊を例に挙げると、まず自衛隊看護師は入隊してから隊内の教育機関でおよそ5週間にわたり自衛官としての知識を深め意識を高めるための教育を受ける事になります。
特に看護師の方の場合は現在の技術をより高めるために、高度な知識や技能を修得できる教育や研修などに参加する機会が設けられており、隊内でのキャリアアップに大きく役立てることができます。
研修では部外委託教育として保健婦・助産婦・看護教員養成課程などの種類があれば、院内教育として新看護婦オリエンテ−ションコース・各階層別研修会・看護研究会などもあります。
一般的な病院と比較しても同等もしくはそれより上の学びの場が用意されているのです。

 

・中途採用の自衛隊看護師の職域や勤務地

 

有資格者の方が働く場合は幹部として取り扱われる事になります。
将来の具体的な職域としては陸上自衛隊を例に挙げると、自衛隊中央病院・自衛隊病院・部隊、自衛隊中央病院高等看護学院・陸上自衛隊衛生学校、陸上幕僚監部の衛生部看護担当などが挙げられます。

 

また主な勤務地としては陸上自衛隊衛生学校、自衛隊中央病院高等看護学院、自衛隊中央病院、各方面衛生隊・師団衛生隊、全国の自衛隊病院などが挙げられ活躍の場は様々です。

 

≫≫自衛隊看護師に転職する!失敗しない成功のポイント